2016年3月14日月曜日

私が一緒に働きたいエンジニア

ある日同僚に「どういう人と働きたい?」と質問をしました。一緒に働きたい人というのはいろんなイメージがあると思います。私が一緒に働きたいエンジニアとはこういう人です。

* 自分の考えの軸がある人。一つ一つの判断すべき事柄について、理由をもって人に伝えることができ、行動ができる。かつ、それが技術的な観点をはじめとして納得できること。
* 私にはない長所や強みを持っている人。人には悪いところなんてたくさんあるのだし、私も欠点はたくさんある。それを見てもくすんでしまうくらい、この人にはこんな素晴らしいところがある、という人と働きたい。そういう人との仕事は常に面白いものです。
* 技術的な問題を段階を分けて整理でき、やるべきことを判断し、次に起きうる事象についても予想しつつ対策を兼ねて実装ないし対応できる人。技術的な問題というのはとある現象から見つかることが多いものです。そうした報告が上がってきたときに、何が根本的な問題か大体の見当がつくかつかないか、というのはその後の時間の使い方に大きく関わってくるのです。
* 技術的な問題の面白さを共有できる人。私は技術的な問題を興味深く話をすることができる人というのは素晴らしいと考えています。そういう話を日頃から一緒にできるのはとても楽しいものです。
* 自ら学び、自ら変われる人。学ぶというのは自分の価値観を変える方法です。今ある技術に習熟しているとしても、常に学んで自ら変わっていく人は強いし、面白い。自分の価値観を変えることができなくなるときは、エンジニアとして何かが止まってしまうときだと私は考えています。謙虚に他の人から学ぶことができなくなってしまったら、何も教えてもらえなくなってしまうのと一緒です。
* チームメンバーを尊敬できる人。これがなくてはチームは回りません。どんないい意見も、尊敬のない関係では無意味になってしまうのです。

ぱっと思いつくのは上のことでした。私自身が私を面接するとしたらどうなるのでしょう。そう考えると私が私を落とすということがないように、私自身も上にあることを意識して仕事をするようにしています。AlphaGoのニュースを最近見ていたので、何かこれは自分が自分と対局しているようなもののように思えてきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿