2018年1月14日日曜日

2018年に読んだ本

2018年に読んだ本をまとめておく。随時更新。

2017年

最終更新 2018/05/01

小説

* 忘れられた巨人 / カズオ・イシグロ(著),‎ 土屋 政雄 (翻訳)
* ふたりの証拠 / アゴタ クリストフ  (著),‎ 堀茂樹 (翻訳)
* 書店主フィクリーのものがたり / ガブリエル ゼヴィン (著),‎ 小尾 芙佐 (翻訳)
* すばらしい新世界〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫) / オルダス・ハクスリー (著),‎ 大森望  (翻訳)
* 老人と海 (光文社古典新訳文庫) 文庫 – / アーネスト ヘミングウェイ (著), Ernest Hemingway (原著), 小川 高義 (翻訳)
* グレート・ギャツビー – スコット フィッツジェラルド  (著), Francis Scott Fitzgerald (原著), 村上 春樹  (翻訳)
* 雪の断章 (創元推理文庫) 文庫 – 佐々木 丸美  (著)
* 動物農場〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫) 文庫 - ジョージ・オーウェル (著), 水戸部功 (イラスト), 山形浩生 (翻訳)
* 愛について語るときに我々の語ること (村上春樹翻訳ライブラリー) - レイモンド カーヴァー  (著), Raymond Carver (原著), 村上 春樹 (翻訳)

その他

* 臆病者のための株入門 / 橘 玲
* 言語を生み出す本能 / スティーブン・ピンカー
* いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン / 大塚雄介
* アフター・ビットコイン―仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者 / 中島真志
* 未来型国家エストニアの挑戦  電子政府がひらく世界 / ラウル アリキヴィ、前田 陽二
* 井深大 自由闊達にして愉快なる―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)
* 「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム / 藤岡 淳一
* 信用の新世紀  ブロックチェーン後の未来
* 人間の未来 AIの未来 / 山中伸弥,‎ 羽生善治
* エンジニアリング組織論への招待 ~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング / 広木 大地 | https://ajito.fm/20/ にてお話した
* ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現 / フレデリック・ラルー (著), 嘉村賢州 (その他), 鈴木立哉 (翻訳)
* バリュー・マネジメント―価値観と組織文化の経営革新 リチャード バレット  (著), Richard Barrett (原著), 斎藤 彰悟 (翻訳), 駒沢 康子 (翻訳)

2017年に読んだ本

振り返りでまとめようと思っていたのだけど、買ったかどうかすら忘れやすいので備忘録として貼っておく。順不同。

小説

* 日の名残り / カズオ・イシグロ
* 浮世の画家 / カズオ・イシグロ
* わたしたちが孤児だったころだったころ / カズオ・イシグロ
* 女のいない男たち / 村上春樹
* ロング・グッドバイ / レイモンド・チャンドラー
* 夜と霧 / ヴィクトール・フランクル
* プラハの春 / 春江一也
* タイタンの妖女 / カート ヴォネガット ジュニア
* 逆行の夏 ジョン・ヴァーリイ傑作集 / ジョン・ヴァーリイ
* 高慢と偏見 / ジェーン・オースティン
* 沈黙の春 / レイチェル・カーソン
* 一九八四年 / ジョージ・オーウェル
* プラチナデータ / 東野圭吾
* 悪童日記 / アゴタ・クリストフ

技術書

* テストから見えてくるグーグルのソフトウェア開発 / ジェームズ A ウィテカー;ジェーソン アーボン;ジェフ キャローロ
* レガシーソフトウェア改善ガイド / クリス・バーチャル
* レガシーコード改善ガイド / マイケル・C・フェザーズ
* テスト駆動開発 / Kent Beck (和田さん訳)
* マイクロサービスアーキテクチャ / Sam Newman
* アイソモーフィックJavaScript / Jason Strimpel、Maxime Najim
* Real World HTTP / 渋川 よしき

その他

* GE巨人の復活 / 中田 敦
* スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン / カーマイン ガロ
* DEEP WORK / カル・ニューポート
* 〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則 / ケヴィン・ケリー
* アメリカの鏡・日本 / ヘレン・ミアーズ

他にもあったような気がするが忘れてしまっている・・。