2018年1月14日日曜日

2018年に読んだ本

2018年に読んだ本をまとめておく。随時更新。

2017年

最終更新 2018/09/09

小説

* 忘れられた巨人 / カズオ・イシグロ(著),‎ 土屋 政雄 (翻訳)
* ふたりの証拠 / アゴタ クリストフ  (著),‎ 堀茂樹 (翻訳)
* 書店主フィクリーのものがたり / ガブリエル ゼヴィン (著),‎ 小尾 芙佐 (翻訳)
* すばらしい新世界〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫) / オルダス・ハクスリー (著),‎ 大森望  (翻訳)
* 老人と海 (光文社古典新訳文庫) 文庫 – / アーネスト ヘミングウェイ (著), Ernest Hemingway (原著), 小川 高義 (翻訳)
* グレート・ギャツビー – スコット フィッツジェラルド  (著), Francis Scott Fitzgerald (原著), 村上 春樹  (翻訳)
* 雪の断章 (創元推理文庫) 文庫 – 佐々木 丸美  (著)
* 動物農場〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫) 文庫 - ジョージ・オーウェル (著), 水戸部功 (イラスト), 山形浩生 (翻訳)
* 愛について語るときに我々の語ること (村上春樹翻訳ライブラリー) - レイモンド カーヴァー  (著), Raymond Carver (原著), 村上 春樹 (翻訳)
* 大聖堂 (村上春樹翻訳ライブラリー) 単行本 – レイモンド カーヴァー  (著), Raymond Carver (原著), 村上 春樹 (翻訳)
* パパの電話を待ちながら (講談社文庫) 文庫 – ジャンニ・ロダーリ  (著), 内田 洋子 (翻訳)
* 最後の瞬間のすごく大きな変化 (文春文庫) 文庫 – 2005/7/8 グレイス・ペイリー  (著), 村上 春樹 (翻訳)
* 武器よさらば (新潮文庫) ペーパーバック – 2006/5/30 アーネスト ヘミングウェイ (著), Ernest Hemingway (原著), 高見 浩 (翻訳)
* 移動動物園 佐藤泰志  (著)
* 蠅の王〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫) 文庫 – 2017/4/20 ウィリアム ゴールディング (著), William Golding (著), 黒原 敏行 (翻訳)
* 時計じかけのオレンジ 完全版 (ハヤカワepi文庫 ハ 1-1) ペーパーバック – 2008/9/5 アントニイ・バージェス  (著), 乾 信一郎 (翻訳)
* 紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1) 文庫 – 2017/4/6 ケン リュウ  (著), 伊藤 彰剛 (イラスト), 古沢 嘉通 (翻訳)
* コンビニ人間 単行本 – 2016/7/27 村田 沙耶香  (著)

その他

* 臆病者のための株入門 / 橘 玲
* 言語を生み出す本能 / スティーブン・ピンカー
* いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン / 大塚雄介
* アフター・ビットコイン―仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者 / 中島真志
* 未来型国家エストニアの挑戦  電子政府がひらく世界 / ラウル アリキヴィ、前田 陽二
* 井深大 自由闊達にして愉快なる―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)
* 「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム / 藤岡 淳一
* 信用の新世紀  ブロックチェーン後の未来
* 人間の未来 AIの未来 / 山中伸弥,‎ 羽生善治
* エンジニアリング組織論への招待 ~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング / 広木 大地 | https://ajito.fm/20/ にてお話した
* ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現 / フレデリック・ラルー (著), 嘉村賢州 (その他), 鈴木立哉 (翻訳)
* バリュー・マネジメント―価値観と組織文化の経営革新 リチャード バレット  (著), Richard Barrett (原著), 斎藤 彰悟 (翻訳), 駒沢 康子 (翻訳)
* SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。  フィル・ナイト (著), 大田黒 奉之 (翻訳)

0 件のコメント:

コメントを投稿