2018年12月31日月曜日

2018年を振り返って

2018年も大晦日となりました。この年末年始は正月から北海道に帰省するため、今日はゆっくり東京の部屋で過ごしています。

仕事について。この1年もまた同じチームで広告システムを作っていました。素晴らしいメンバーに恵まれ、過去最高と言えるチームでエンジニアリングをできたことは今年最大の喜びでした。去年の振り返りでも書いているとおり、どのような問題を解き続け、自分たちのプロダクトを成長させることに取り組んだ一年でした。メンバーの成長と満足度、そして自分自身も日々いかに前進していくかということに苦心した年でもありました。社内外、信頼できる多くの人と議論をし、考え、行動する時間をいただけたことは実りある一年を形作ってくれました。直接的な仕事だけではなく、私の考え方や生き方に影響を与えていただいたすべての方々に感謝します。

年々取り組んでいる物事について自分自身で決めなければならない比率が高まり、ほとんどの物事は自分で決めて進め、決断し、実行するようになりました。その中で思うような方向にいかなかったり、考えていることが正解かわからないといったことが増えるようになりました。プログラミングにはテストを書くという行為があります。テストというのは「何を受け取り、何を返すか」をいくつものパターンにわたって書きます。この入力と出力の予測をすることがプログラムを書く仕事の最小の仕事です。年々、ただこの仕事が乾いたピラミッドの石材のように積み重なり、あるいは穴をほって掘り崩し、どういう力のかかり方がそれぞれの部位にかかるのかを予測する時間のほうが増しています。思考の訓練として、周囲のピラミッドをつくっている人々やプロダクトを眺め、どんな石の積み重ね方をしているかを想像します。石を掘る技術と積み重ねる技術と、どれだけの石が必要でどの程度の手数が必要でどれくらいこのピラミッドが必要かというのは表裏一体で面白い課題です。今年の私はメンバー全員が両方をできるチームが強いと信じ、どのようにこのプロセスを自然に分割されるようにするかということを思索していました。答えはでていませんが、去年よりもうまく物事が進むよう、来年も試行錯誤していきます。

考えることについて。今年もまたよく読書をした一年でした。読んだことのなかった新しい作者、特にSFの古典ともいえるオーウェルやハクスリー、ゴールディングによって世界が広がりました。年々考えることと言葉の関係性について気づき、自分の言葉の浅さを省みていますが、今日読んだ「孤独の発明」(ポール・オースター著)において子供の言葉遊び(evil / live)があったりして思わず今年の自分を見ているようで笑ってしまいました。何かが深まったようで、自分の頭の感触ではまだ何も身になっていないと感じられていません。明晰かつ深く思考を重ねられるよう、来年も向き合っていきたいと思います。

また来年も皆様にとって良い年になりますように。


0 件のコメント:

コメントを投稿